スマートフォン版サイト

MAIL MAGAZINE メールマガジン

ふしぎ・ふしぎ 咀嚼と健康 ~その17~ —何故昆虫の口は横に開くのだろう?—

2005年05月02日

ヒトの口は縦に開く。サカナの口も、両生類のカエルの口も、は虫類のワニの口も縦に開く。

当たり前の話である。

では、カニやエビの口はどうだろう?昆虫はどうだろう?

昆虫の顔をじっくり観察すると、口が横に開いていることがわかる。

例えば、クワガタムシ。クワガタムシの頭の大きなハサミのような部分。
これは大顎(おおあご)と呼ばれる。その内側には小顎(こあご)がある。

どうしてヒトの口は縦に開くのに、昆虫は横に開くのだろうか?
 
 
この秘密、実は動物の進化と関係が深い。

受精した卵細胞は、分裂を繰り返す。

ある程度まで分裂すると、表面には“小さなへこみ”が現れる。これを原口と呼ぶ。

そう!口が、最初にできるのだ。

口の窪みが徐々に深くなり、腸になる。
 
 
しかしこの時期は、食べ物の入り口と出口が一緒。口と肛門が同じなのだ。
これが原口動物。例えばクラゲの仲間。

そして、さらに腸が深くなり、とうとう反対側に穴が開く。口と肛門が出来上がる。
 
 
さて進化とは、いたずらものだ。

先に穴が開いたのが口になり、後で穴が開いたのが肛門になって進化していく動物。これを前口動物(旧口動物)と呼ぶ。

そして、先に穴が開いたのが肛門になり、後で穴が開いたのが口になる動物。これが後口動物(新口動物)だ。

穴の開き方で、昆虫になったりヒトになったりする。

ヒトは、どちらだろう?実は、へそまがりの後者の方だ。

そして、先に口ができる動物が、カニやエビの甲殻類、イカやタコの多足類、昆虫などの節足動物へと進化していく。

一方、先に肛門ができる動物が、魚類・両生類・は虫類・哺乳類等の脊椎動物となる。

そう言えば、ヒトの血液は赤い(ヘモグロビン 鉄)が、カニや昆虫の血液は青い(ヘモシアニン 銅)。これも穴の位置がもたらす差なのだ。
 
 
さて口が先にできる前口動物には、体が多くの節から成り立っている(体節)。例えば、ミミズを想像すればよくわかる。

ミミズは、水の多い場所を好む。しかし、食料を得て生存競争に勝ち残るためには、新天地を求めた方が有利だ。

かくして生き物達は、水から遠く離れていく。魚類が陸上に上がるのと同じ理屈だ。
 
 
さて、新天地を求めるためには、さまざまな進化が要求される。

まず乾燥に強くなければならない。そのためには、殻が必要だ。
昆虫の殻は、かくしてできる。

また遠くへ行くためには、歩く足が必要だ。
だから、それぞれの節から下に突起物が伸び足になる。
 
 
しかし、足だけでは歩くことは出来ても、獲物を捕らえることが出来ない。

そこで最も前にある足が、横に動き始め、手が出来る。
この横に動く手が、顎になり、かくして昆虫の口は、横に動くようになる。
 
 
そういえば、アーノルド・シュワルネガー主演の“プレディター”という映画。

映画の最後に出てくる宇宙人は、口が横に開いていた。

あの口を見て、誰もがグロテスクだと思ったことだろう。

でも宇宙人から見れば、ヒトこそグロテスクと思ったに違いがない。
 
 
いずれにせよ、さまざまな動物達は、獲物を捕らえ食べるために、形を変化させ進化してきた。

獲物を捕らえ、食べることが、大きな進化のエネルギーとなってきたことがわかる。
 
 
さて、食べ物が簡単に入る現在の日本。
進化のエネルギーは、?はたして存在しえるのだろうか?
 
 
( 岡崎先生のホームペ-ジ http://leo.or.jp/Dr.okazaki/  )