スマートフォン版サイト

MAIL MAGAZINE メールマガジン

動物園の動物達も高齢化【2】高齢化と口腔疾患の増加

2018年11月02日

福岡県の大牟田動物園では、”ハズバンダリートレーニング”の一環として動物の開口訓練を行っている。

ご褒美のリンゴを与え、飼育員が人差指と親指を広げるサインを出すと
ツキノワグマが大きく口を開けた。
(図1)

もちろん口腔内の診査のためである。
残念ながら、歯周病が進み臼歯の多くが脱落していた。

以前、ある獣医師から聞いた言葉。
「動物園では、10年前までは考えもしなかった病気が増えています。
その多くは口腔疾患です。動物の飼育環境やエサが良くなり、高齢化が進んでいるためです。」
某自然史博物館で動物の頭蓋骨を見せていただいたことがある。
いずれも動物園で飼育されていたものらしい。
歯石が多量に付着し、歯周疾患が進んでいる。
この状態を見ると歯科医師としても心が痛む。
(図2)

動物の生活の向上(QOL)のためにも、歯科医師の立場から役に立つことがあると思う。

さて、動物の歯科疾患の多くは,歯周疾患や歯の外傷だという。
むし歯も気になるが、サルの仲間に多いそうだ。
これはヒトと同様、臼歯部の形態的な要素が大きい。

しかし某動物園の学芸員の話では、以前と比べサルのむし歯は減少しているらしい。
不思議に思い、その理由を聞いたら、思わず吹き出してしまった。
「お客さんのマナーが良くなった」とのこと。

かつては、「お客さんがお菓子を与えるので、むし歯ができて困る」との話を聞いた。
(図3)

“自分だけは・私だけは良いだろう・・”と思って与えていたのである。
どうやらこれは昔の話になりつつある。
“子どものむし歯”と”サルのむし歯”には正の相関関係がありそうだ・・。

続く

前 岡山大学病院 小児歯科 講師
国立モンゴル医科大学 客員教授
岡崎 好秀
http://leo.or.jp/Dr.okazaki/