スマートフォン版サイト

MAIL MAGAZINE メールマガジン

悪い失敗・良い失敗

2009年01月05日

“成功”の反対とは、何だろう?
“失敗”というありふれた回答だったら、こんな質問はしない。
成功の反対は、“何もしないこと”である。
何もしないと、失敗はしない。
そのかわり成功もしないと言うわけだ。
なるほど・・・と思う。
「失敗は成功のもと」という言葉が示すように、失敗の延長上に成功があることがわかる。

筆者もこれまで、多くの失敗を重ねてきた。
充填物の予後が思ったより悪い。
これは立派な失敗である。
歯髄処置の診断ミス。
これも立派な失敗だ。
小児歯科では、ちょっとしたことで子どもを泣かしてしまう。
不用意に、麻酔時に浸麻針を見せてしまった。
不用意に、つけたライトがまぶしかった。
それにちょっとした言葉でも泣かしてしまう。
交換期の乳歯抜歯の際、「歯を抜く」と言ったら、それまでお利口な子がパニックに陥った。
でも同じ失敗は、繰り返したくない。
失敗は、一度で十分だ。
これまでの失敗を糧として、その予防に努める必要がある。

こう考えると失敗には、2種類あるように思う。
“悪い失敗”と“良い失敗”だ。
悪い失敗とは、未来につながらない失敗。
すなわち、失敗の理由を省みることなく、同じ過ちを起こしてしまうこと。
良い失敗とは、その体験を通じて、二度と繰り返さないように工夫し、未来につなげて行くものだ。
良い失敗を繰り返すなかで、自分の臨床を高めて行きたいと願う。

 

>>岡崎先生のホームペ-ジ
http://leo.or.jp/Dr.okazaki/