スマートフォン版サイト

MAIL MAGAZINE メールマガジン

“泣きの予防”その6「物理的時間と心の時間」

2008年12月15日

「もう少しですから・・・もう少しで終わりですから・・!」の言葉。
あなたは1日に何回、無意識に言っているでしょうか? でも患者さんにしたら、“どこまでがもう少し・・”なのかわかりません。
もっと具体的な目標を掲げると、患者さんは楽になるように思うのです。

さて、10分を越える処置を行うと泣き始める子どもがいたとします。
ところが処置には、どうしても15分必要です。
後の5分は泣かれる計算になります。

 

(図1)
限界時間

 

このようなケースにおいて、どのように対処すればよいでしょうか?

ところで、時間には2種類あります。
一つは、物理的時間、もう一つは心の時間です。
前者は、時計の針が指す時間。
後者は、心の時間です。
心の時間は“伸び縮み”するという特徴があります。
例えば、楽しい時間はすぐに過ぎます、しかしつまらない時間は、なかなか過ぎません。
学生時代の講義を考えればわかります。
気持ちの持ち方によって時間は、伸び縮みすることがわかります。
要は、心の時間を利用して診療することができないかと思うのです。
それは、“数を数える”ということです。

 

(図2)
限界時間

 

ここで、例をあげて説明します。
これから麻酔をするとします。
まず「これから虫さんを眠らせるけれど、ちょっと変な感じがするかもしれません。でも5数える間だけ、お声さん出さずに頑張って、その後ブクブクしてね」と言います。

そして、“イチ・ニイ・サン・シイ・ゴオ”と数えるとします。

 

(図3)

この1文字が1秒としたら10文字となり、10秒間で麻酔をしなければなりません。

でも10秒では、十分な麻酔ができません。
ここで数え方を変えれば、15秒になります。

さてどのような言い方をすれば良いでしょうか?

“ヒトツ・フタツ・ミッツ…”と数えたら時間は1.5倍かせげます。

 

(図4)

次に、20秒になる方法はどうでしょうか?

簡単ですね。

“ヒトツ~・フタツ~・ミッツ~…”と伸ばして数えれば2倍に化けました。

 

(図5)

さらに25秒にする方法。

これは“ヒトツ~メ・フタツ~メ・ミッツ~…メ”と“メ”をつけるのです。

 

(図6)

 

今度は、25秒から一気に50秒にする方法があります。

さてみなさん、考えてみてください。

正解は、ドクターが言ったことを、アシストがそのまま、繰り返すのです。
私が“ヒトツ~メ”と言えば、アシストは間をおいて“ヒトツ~メ”と繰り返します。私が“フタツ~メ”と言えば、アシストも“フタツ~メ”となります。

 

(図7)

 

でも、明確な目標を掲げているので、子どもは頑張ってくれます。

ちなみに、印象採得は10数えると言います。
固まるのが遅いと、時間をかせぐために「イツツまで来たから後半分だ!」
とか「ココノツまできたから、後ヒトツでおしまいだよ。」等という言葉を入れます。

もちろん、アシスタントも繰り返します。
こうすると、ますます時間は伸びます。また私が数えるペースにより、子どもの呼吸が同調するので、嘔吐反射の予防にもなります。
こんな話で、時間を引き延ばしていたら、紙面が長くなってしまいました。
長文失礼!

 

>>岡崎先生のホームペ-ジ
http://leo.or.jp/Dr.okazaki/