スマートフォン版サイト

MAIL MAGAZINE メールマガジン

インフルエンザ考【その5】

2018年05月02日

インフルエンザの予防には、気道を加湿することが重要である。

寝る前に少し鼻がつまっていると、翌朝たいてい喉がイガイガしている。

インフルエンザは、朝に気がつくことが多い。

これは就寝中、口が開くためだ。

しかも夜間、唾液は分泌されない。

もし分泌されれば、唾液でムセて眠れない。

だからなおさら乾燥する。

ウイルスが増殖するには絶好の機会となる。

なにせこのウイルスが体内に1つ侵入すると、24時間後には100万個に達する。

そこで予防法として“ぬれマスク”の出番である。

(図1)

ガーゼマスクをお湯に浸して軽く絞り、マスクをして眠るだけだ。

こうすれば、吸気に含まれる水分が気道全体に行き渡る。

しかも、口呼吸が抑制され鼻呼吸が促進される。

ポイントは、マスクの上部を1/3ほど外側に折り曲げ鼻を出す。

これで、マスクの厚みが増すことで加湿効率が高まる。

(図2)

かくしてウイルスの侵入を防げるのだ。

ちなみに医療用の不織布タイプのマスクは、吸水性に問題がある。

筆者は、これを20年以上行っている。

風邪を引きそうだと思ったら、必ず行っている。

鼻がつまるだけであれば、まだ炎症が上気道に限局されている。

しかしウイルスが増殖し、下気道まで達すると咳などの呼吸器症状が現れる。

しかし“ぬれマスク”のおかげで、ひどい風邪を引いたためしがない。

どうやら、加湿によりウイルスの増殖ばかりでなく、下気道への炎症の波及も抑えられるのだろう。

しかも喉が潤うので、声が嗄れることもない。

風邪を引きそうに思われたら、是非試していただきたい。

続く

参考:(参考:『こんなに効くぞぬれマスク』臼田篤伸著/農文協刊)  

耳より情報   ビックコミック誌「はっぴーえんど」その2

先日、“ビックコミック”に連載中の「はっぴーえんど」を紹介した。

これは“在宅医療”を取り扱ったマンガであり、現在訪問歯科医療の現場が描かれている。

初回は、自宅療養中の末期がん患者が、歯が悪いためマスクを外さなかった。
(第29話 2018年3月25日号)

(図3)

第2話では、歯科医師が往診し、義歯を調整することで“せんべい”を食べることができた。(第30話 2018年4月10日号)

(図4)

第3話は、義歯と口腔ケアのおかげで、劇的に体調が回復した。

ひょっとしたら末期がんが消えたのではないかと思われる。

そして弁当を作り花見に出かけ、「義歯は命の次に大切です」とまで述べている。

(図5)

作者の魚戸おさむ氏は、歯科界から何かワイロでも・・と思ってしまう展開だ。

さて次号の第4話は、本シリーズの最終回。

衝撃の結末を迎えることになる。

これは筆者の経験を基に描かれたものである。

歯科医療従事者は、“なんて素晴らしい仕事なのだろう!”と感動するに違いない。

次号は、5月10日の発売予定である。

乞うご期待!

前 岡山大学病院 小児歯科 講師
国立モンゴル医科大学 客員教授
岡崎 好秀
http://leo.or.jp/Dr.okazaki/