スマートフォン版サイト

MAIL MAGAZINE メールマガジン

異性化糖(ブドウ糖・果糖液糖)【6】食肉文化とトウモロコシ

2016年11月21日

おいしそうなハンバーガーやフライドポテト、それにコーラ。

(写真1)
スライド1

現在、これらを飲食すると“トウモロコシ”を食べたことになるという。

どうしてだろう?

コーラの甘味である異性化糖は、トウモロコシから作られることは述べた。

それでは他の食物はどうなのか?

ここでその歴史的背景について触れてみる。

戦後の食糧難の時代、日本政府はイモ類の生産を奨励していた。

そして食糧難が一段落すると、人々は甘い味を求めだした。

しかし外貨不足のためサトウキビを輸入することが困難であった。

そこで日本で異性化糖が開発された。

当時、アメリカはキューバ革命により、サトウキビの輸入が途絶えていた。

そこで異性化糖に目をつけた。

アメリカ政府は、膨大な助成金によりトウモロコシの生産を奨励した。

おかげで、アメリカは世界最大の生産国となったのだ。

さて、トウモロコシはコメやコムギと並び三大穀物の一つである。

さまざまな気候に適応し、広い地域で生育できる。

しかも、光合成の効率に優れており収穫率も高い。

トウモロコシ1粒から約800粒の収穫が可能だ。

このような経過から、トウモロコシの用途は一気に広がっていった。

さて、日本では茹でたり焼いたりするスイートコーン(甘味種)を思い浮かべる。

しかし世界的には、直接食べる分は4%しかない。

ほとんどが、家畜用の飼料やコーンスターチの製造などに利用される。

なかでも飼料用には、全生産量の64%を占めると言う。(2009年)

(写真2)
スライド2

ここにタンパク質として大豆粕や魚粉などを加えて与えるのだ。

さて現在、日本では年間一人当たりコメ58.5kg、コムギ31.8kgを食べている。

一方、トウモロコシは約100kgも消費していると言う。(平成21年度 食糧需給表)

そう! 

主食の穀物以上のトウモロコシを、ウシやブタ、ニワトリを介して食べているのである。

ハンバーガーの牛肉は、トウモロコシで育ち。

フライドポテトの油は、コーン油(トウモロコシ)で揚げられ。

コーラの甘味は、トウモロコシを原料とした異性化糖で作られている。

現在の食肉文化は、トウモロコシにより成り立っていることがわかる。

(写真3)
スライド3

[参考]酒井伸雄:「文明を変えた植物たち コロンブスが遺した種子」NHK出版、2011年

前 岡山大学病院 小児歯科 講師
国立モンゴル医科大学 客員教授
岡崎 好秀
http://leo.or.jp/Dr.okazaki/