スマートフォン版サイト

MAIL MAGAZINE メールマガジン

HITOMIの瞳で斬る!(9) ~新人がきた!~

2002年06月03日

新人スタッフが入ってきて、先輩の皆さんはいろいろと指導されていると思います。

新人の様子はいかがですか。 新人も早く歯科医院の雰囲気に馴染むよう努力し、院内のシステムを覚えようと必死だろうと思います。

初めて勤め出したときのことは私にも忘れられません。

「院内の先輩方と仲良くやっていけるだろうか。院長先生はやさしいだろうか。診療のアシストを頼まれたときちゃんとやれるだろうか・・・・」
など、毎日毎日不安で、朝から憂鬱なこともありました。

他にも新人の仲間がいれば心強いこともありますが自分一人の場合は心細いものです。

皆さんにもそんな経験はなかったでしょうか。

先輩としては早く診療の流れを覚え、電話の応対も患者さんに失礼のないようにでき、 受付け業務やアポイントの取り方も間違えのないようにでき、早く独り立ちしてもらいたい気持ちでいっぱいでしょうが、ここはゆっくりかまえてじっくり指導していきましょう。

・笑顔で挨拶ができているでしょうか。

・診療室、受付け、洗面所、トイレ、待合室、院長室、スタッフルーム、玄関 等 朝の掃除はできているでしょうか。

・言葉使いはどうでしょうか。

・患者さんには暖かく細やかな配慮のある接し方ができているでしょうか。

・器材類は大切に取り扱っているでしょうか。

新人スタッフは何事にも自信がないものです。 自信がもてるよう上記のような普段の生活にもつながることから覚え、積極的な行動へとつなげていくことも大切です。

また新人スタッフは先輩の背中を見て育ちます。

先輩の指導力を問われるときでもあるので、新人スタッフだけでなく、先輩スタッフも初心に戻って新たな一歩を踏み出しましょう。