スマートフォン版サイト

MAIL MAGAZINE メールマガジン

ハッちゃんのウッカリ言葉日誌【10】院長先生はまもなくいらっしゃいます

2008年06月02日

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ハッちゃん 「院長先生はまもなくいらっしゃいます」

患者さん  (教育ができていない歯科医院なのかな?それとも患者より院長が上という認識なのかな?)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

──────────────────────────────────
☆山岸弘子のワンポイントアドバイス!
──────────────────────────────────

「いらっしゃる」は、ご存じのように尊敬語です。

上記の使い方だと、患者さんの前で自分の医院の院長を高めることになってしまいます。

一般企業では、自分の職場の人を高める言い方をしませんので、患者さんにこのような表現をすると、患者さんは、
「スタッフ教育ができていない歯科医院」または、「患者より院長を高める歯科医院」という印象を持つ恐れがあります。

患者さんに対して敬意を伝えるならば、自分の院長の言動を謙譲語で表現します。

そうすることで、【教育の行き届いている歯科医院】という印象を与えることができます。

──────────────────────────────────
○言い換え例
──────────────────────────────────

「院長は、ただいままいります。」
「院長は、まもなくまいります。」