スマートフォン版サイト

MAIL MAGAZINE メールマガジン

澤泉式“勝ち組歯医者”の経営術【23】新しい年! プラスになる取り組みを行う習慣をつくる

2008年12月15日

私がミーティングに参加しているサポート先の歯科医院で

『今年やっていなかった新しいことを、来年から2つ始める』

という目標を掲げ、先生・スタッフ全員で実行することになりました。

ミーティング中に、『新しくやってみたいなと思っていること』をいくつも書き出しました。

その中で試せることは、各自年内に試してみて、

「できそうかな?」
「続けられそうかな?」

ということを各自で判断して、『来年から新しく始める2つのこと』を決めます。

そして、年内最後のミーティングの時に、みんなで発表し合って決定し、来年からスタートします。

こうすることで、

『新しいことに挑戦する』
『プラスになる取り組みを行う』

これらを、医院全員で始められます。

このサポート先の歯科医院様の他にも、『患者さんや医院のプラスになる取り組みの実施を習慣づける』ために、先生・スタッフ全員で、『毎年1つ、新しいことを始めて1年間必ず続ける』という取り組みを行っている歯科医院様もあります。

そちらでは毎年、年末のミーティング時に、『1年間やってみた感想』と『来年新しく始めること』を、全員の前で発表していらっしゃいます。

自分が『やってみてよかったこと』や『続けるために大変だったこと』を話すだけでなく、先生や他のスタッフから、『その人が変化したと感じる部分』をフィードバックしてもらえたり、褒めてもらえるので、1年の最後に『1年間の自分の成長』を『みんなで共感できる』ところが、『患者さんや医院のプラスになる取り組みの実施を習慣づける』ための良い機会であると感じています。

このような機会を、医院全体でまだ設けていらっしゃらない皆さんは、是非新しい年からはじめてみてください。

『患者さんや医院のプラスになる取り組みの実施を習慣づけること』

この大切さを各自が身につけることができると思います。

──────────────────────────────────
☆今回のポイント!
──────────────────────────────────

習慣づくりのポイントは…

まわり(他人)を巻き込むこと!

 

>>澤泉先生のホームペ-ジ
http://www.shika-kaikei.net/