スマートフォン版サイト

MAIL MAGAZINE メールマガジン

謎解き唾液学 【17】乳酸桿菌と唾液

2016年05月16日

小児の診療では、一度痛みを与え泣かせてしまうと後の治療が困難となる。

そこで、乳歯う蝕の慢性化を促すため、前処置としてう窩のフリーエナメルを除去し、唾液の交通を良くする。

また、水で10倍希釈したサフォライドをう窩に塗布する。

そして光重合の照射機で光を当てると銀の沈着が促される。※注1

さらには、う窩の中を小さな歯ブラシで磨く。

こうすると、より早く慢性化させることができる。

(図1)
スライド1

では唾液の交通を良くすると、どうして慢性化が促されるのか細菌学の分野から考えてみよう。

さてう蝕原性菌には、ミュータンス連鎖球菌と乳酸桿菌がある。

(図2)
スライド2

ミュータンス連鎖球菌は、ショ糖を栄養源として不溶性グルカンを作り歯面に付着する。

また同時に、酸を産成するためう蝕の初発と関係する。

一方、乳酸桿菌は歯面への付着能がないためう窩にしか住めない。

う窩の中で酸を出し続けう蝕を進行させる。

乳酸桿菌数が、治療後に減少するのは、う窩が封鎖されるためである。

付着能がないため乳酸桿菌は、住む場所がなくなるのだ。

また唾液の交通が良いと、う窩の乳酸桿菌の一部が流出する。

これが、う蝕の進行を抑制させる。

もちろん同時に、唾液の緩衝作用によりう窩のpHも高くなる。

なにせ唾液は、水より1万倍も緩衝作用が強いのである。

こうして唾液は、う蝕の進行を抑制しつつ第2象牙質の形成を促す。

(図3)
スライド3

そう言えば、う窩が形成される前段階の白斑。

ていねいに歯を磨いていれば消失するという。

唾液カルシウムによる再石灰化によるものである。

これも、唾液によるう蝕治療の一つと言える。

(図4)
スライド4

唾液を味方にすることは、日常臨床をより楽にすることにつながる。

※注1 岡崎好秀:子どもを泣かさないための17の裏ワザ、クインテッセンス出版、2014.

前 岡山大学病院 小児歯科 講師
国立モンゴル医科大学 客員教授
岡崎 好秀
⇒ http://leo.or.jp/Dr.okazaki/