スマートフォン版サイト

MAIL MAGAZINE メールマガジン

なるほど ザ保健指導&健康教育【8】10=○+△

2017年06月19日

前回、「動物園のサルは、どの季節にむし歯になりやすいだろう?」というクイズを出した。

そして”とりあえずの正解”として、行楽客が増える”春と秋”と述べた。

「少しだけならいいだろう。」
「自分だけならいいだろう。」

と思ってお菓子を与える機会が増えるためだ。

実は、この話。

高齢者の多い講演会でも利用できる。

「祖父母が、孫にお菓子を与えて困る!」という保護者の訴えをよく聞く。

祖父母が”良かれ”と思い与えることが、孫のむし歯につながる。

これは、行楽客とサルとの関係と同じなのだ。

(図1)

しかし…である。

子どもの発想は面白い!

この話を小学校4年生にした時のこと。

「それでも私は、”夏”だと思う。」と言う小学生がいた。

その理由を聞くと

「夏は暑いから、コーラやジュースをたくさん飲むから、絶対夏にむし歯になりやすいと思う。」

と答えた。

なるほど~!

筆者は思わず納得してしまった。

さらに「ボクは絶対”冬!”」という答えがあった。

今度はその理由。

「寒いから家でコタツに入ってテレビゲームをする。するとついついお菓子が欲しくなり食べてしまうから」という答であった。

もっともな話である。

これにも納得!

この時、子ども達に教えられたことがある。

それは、”正解は1つではない!”ということだ。

学生時代の試験では、常に正解は一つであった。

マークシート方式では、二つにチェックをいれると間違いになる。

しかしこの場では、そうではない。

むし歯にはさまざまな原因があるので、理屈が正しければすべて正解だ。

これはとっても大切なことだ。

例えば ”5+5=10″である。

これは、誰が何回計算しても10にしかならない。

しかし、ドイツのシュタイーナー教育では”10=○+△”と教えると言う。

“10=○+△”と考えれば、
0+10・1+9・2+8・3+7……10+0とたくさんの正解が存在することがわかる。

このような教育方法から、自由な発想が生まれる。

発問型クイズは、一つの問いをきっかけとして、話が広がることがよくわかる。

続く

前 岡山大学病院 小児歯科 講師
国立モンゴル医科大学 客員教授
岡崎 好秀
http://leo.or.jp/Dr.okazaki/